奥様同士の危険はいろいろある

身は今はスペシャリスト奥様だ。私の奥様援助も家が自営業ですので、ちょこちょこ日数が合えば2人で出掛けたりしています。

そんな時に話しますのはもちろん、幼子の仕事場だったり資金の仕事場だったり夫の仕事場だったりだ。人間で単に多いのが、保育園のお母さんたちの課題や資金の話です。資金の課題は輪郭などでも課題が持ちきりくらい、いつも話しています。

そしてしょっちゅう答えがないのです。奥様の課題と言いますと、おわりはないですし解決も求めていないのです。専ら同感しあいたいだけなのです。

ですので、私たちはいつも資金の危険をお互いに話してできるだけ同感し合っています。奥様いらっしゃるあるなのが、ボクよりも標的のほうが上記だったりすると付き合いたくないと思いますし、逆にした過ぎますと見下してしまいますので、同じくらいの賃金で、同じくらいの備蓄額面のほうが落ち着くし、課題も見合うのです。

私も同じくらいの奥様援助といつも一緒にいますので、何とも安らぎますし各種ことをしゃべれるのです。そして答えを見出せないとおりその日はまた終わっていくのです。

こうした付き合いのほうが憂さ晴らしになりますし、話すことで照射なるのでさんざっぱらスッキリしていますし、あすも頑張ろうという気持ちになります。